申し込み
申し込み
TOP動画・チュートリアル操作方法3Dモデルのインポート

3Dモデルのインポート

操作方法

リソースデータとして3Dモデルのデータを読み込むこともできます。

3Dモデルデータを使い、多角的な表現を扱うことができます。

インポートできる3Dデータは、.fbx .gltf .gltmをインポートすることが出来ます。

 

 

SceneComposerでの3Dモデルのインポート方法は、2つあります。

 

    1.画面上部のメニューから3Dモデルをインポートする方法

 

    2.ドラッグ&ドロップで3Dモデルをインポートする方法

 

1.画面上部のメニューから3Dモデルをインポートする方法

 

画面上部にある、メニューの『ソリューション』から『リソースのインポート』を選びます。

作業でータの保存が求められるので、保存をします。

※リソースの登録となるので、必ず作業データの保存が必要になります。(リソースフォルダに保存されるため。)

 

保存画面の後に画面の『インポートFBX』ウィンドウが開きます。

画面上で、画像を指定することが出来るので、インポートしたい3Dモデルを選択してください。

 

選択後は、『開く』ボタンを押すと選択した3Dモデルデータがインポートされます。

 

2.ドラッグ&ドロップで3Dモデルをインポートする方法

 

インポートしたい3Dモデルを選択し、SceneComposerの『ソリューションエクスプローラー』にドロップします。

作業でータの保存が求められるので、保存をします。

確認ウィンドウだけであるならば、『OK』ボタンを押します。

※リソースの登録となるので、必ず作業データの保存が必要になります。(リソースフォルダに保存されるため。)

 

『インポートFBX』のウィンドウが立ち上がります。

『インポート』ボタンを押すと3Dモデルがインポートされます。